th_starbucks-922862_640

スタバで休憩し、スタバを出る。ディスカバリーショッピングモールの海側の方からオレンジ色の光が差し込んでいるのが見えた。

 

嫁「もうすぐ夕日が沈むんじゃない?見に行こうよ〜」

俺「そうだね!調度良いから見に行くか〜♪」

ということでサンセットを見に行くことに!!

 

 

ディスカバリーショッピングモールは海とつながっているので店の裏の出口から抜ければすぐ海が見えます。夕方は混み合っています。階段にたくさんの人が座って夕日を眺めていますよ。ロマンチックな雰囲気を味わうことができると思います。

 

夕日を見ながら、煙草を吸っていると、、、

 

 

「日本人ですか?」

このフレーズ、ビンタン・スーパーマーケットでも聞いたな笑

 

俺「日本人ですよ!」

謎の男性「よかった!日本人ぽい雰囲気だったから声かけました」

俺「あー!はい」

謎の男性「私も日本人で、今日日本に帰るんですけど、私の友達のディディっているんですけど、自称カーチャーターやってて今日最後だからお礼にお客さん探してたんですよ。」

俺「そうなんですか〜!(なんか日本人に会えてほっこりする自分w)日本人に会えて安心しました。」

謎の男性「大阪出身なんですよ。(以降K君)」

 

 

っていう感じで日本人男性のK君に会い、インドネシア人のディディを紹介してもらいました。第一印象は怖い。悪そうって感じのおじさんでした。

 

 

でも日本語も話せて、日本のギャグも知ってて、面白く、おもてなしもでき、気も利く!とすばらしい方でして、カーチャーターをお願いすることにしました。値段も格安でやってもらうことに。ここでは言えない値段ですが。。。笑

 

 

こうやって旅で繋がる人間関係やバリのローカルの人と友達になることでまたバリに来たいと思わせてくれる大きな要素の1つになる。さらにこれこそまさに旅行の楽しみだと思う。私はこういうの大好きなんですよね^^

 

 

ということでK君とディディと一緒に夜ご飯を食べることになった。

 

 

普通の観光客じゃ入らないようなお店に連れてってもらった。しかもディディの車で!!場所も店の名前もわからない。でも調べまくってわかりました。美味しかったのでこれを見てる人は是非行ってもらいたいです。

 

 

Warung Malangで夜ご飯

完全なローカルの飲食店で観光客やサーファーで知っている人は知っている隠れた名店らしく。一緒に入ってまずはビンタンビールでカンパーイ♪

th_IMG_0866

 

食べたのがミーゴレンとナシゴレンとエビのフリッターみたいなやつと緑色の葉っぱ?野菜?の炒め物です。値段もリーズナブルで本場のインドネシア料理は辛いです。この緑の正体を思い出しました「空芯菜」です。

th_IMG_1009

辛いの苦手な自分は汗だくでナシゴレンを食らう、たらたら汗が流れる。その辛い口にビンタンを注ぎ込む、気温が歩いのもあいまってさらに汗が流れる。

 

 

ディディおすすめの空芯菜がうまい!うまい!虜になってしまった♥笑 始めて空芯菜というものを食べたが、食べ慣れている野菜の味といった感覚でどんどん身体が欲している。食べてた飲む・食べては飲む。必死に食らいつく自分を横目に嫁が辛いのが得意なので平気で食べている笑

 

 

全て美味しかった。特にエビのフリッターは格別でバリに来て食べた中で今のところ1番の旨さ!!ソースが別の皿に付いていて、味がチリソースみたいな感じの辛味のあるソース。それがまた美味しい^^下の画像がそのエビの正体です笑

th_IMG_1379

うめ〜うめ〜かれ〜かれ〜言いながら嫁と完食。

 

↓↓↓詳しい場所の地図はこちらです↓↓↓

 

そして、K君はその日に日本に帰ってしまうということで連絡先を交換し、ディディとも連絡先を交換して、『明日の9時半にディシニで集合』ということでK君を空港まで送り、その後ディシニまで送ってもらいヴィラに帰ってきた。

 

 

 

ここでの出会いが私たちの今後のバリ旅をさらに楽しいものにしてくれる♪

 

 

今日の悪かった出来事やよかった出来事など、嫁と話ながらビンタンで乾杯。

 

 

ソファーでくつろいでいるとき、上を向いている時にふと視界に入った。

th_IMG_0869

トカゲである。バリでは珍しくはなく、普通にいるそうだ。笑

 

 

こいつを退治しようと試みるが、電気の付いているところは高く、何か物を投げないと難しい。ビンタンなどのキャップを投げるがビクともしない。

 

 

全然動く気配もないし、死んでるのかな!?ってことで諦めて放置することに。

 

 

ここからはお風呂の準備をして、プールに!!夜はプールという恒例の流れが完成してきた。

 

 

 

明日の朝ご飯のTELをして、明日は9時半にディシニヴィラ前集合ということで早めに寝ることにした。