ぐっすり寝ることができた。日付は2015年7月30日の話である。バリでは蚊がすごいいるって言われているが今のところ一箇所も刺されていない。外出するときなどの虫よけ対策がかなり効果的なのかもしれない。

 

 

8時ぐらいに起きる自分。まだぐっすり寝ている嫁。朝の機嫌は極めて悪い嫁をなんとか起こす。女性は化粧などで時間がかかるので早めに起こさないと時間に間に合わなくなっても困るため。

 

 

そこから顔を洗い、準備をして、恒例の朝食のベルがなり、準備完了した段階でいただきま〜す。

 

 

なんだかんだで9時が過ぎ、私は準備できたのだが、嫁が遅い。。。。

 

 

私の持ち物はショルダーバック。その中には煙草、携帯灰皿、Wi-Fi、携帯、財布ぐらいである。ひったくりにあっても困るのでショルダーを前に掛けるスタイルです。

 

 

嫁の荷持は虫よけ道具、日焼け止め道具、化粧ポーチ、携帯灰皿、煙草、携帯、あとは水。こんな感じである。そんなこんな嫁の準備ができ、バギーでフロントまで!フロントで鍵を渡して。

 

 

ヴィラの前に出ると、知らない車が。。。

 

 

ジュンジュンとの出会い

ジュン「◯◯さんですか?」

ジュン「私ジュンです。ディディの代わり着ました。」

俺「あーディディの代わりなんですね〜」

ジュン「取り敢えず車乗って下さい。」

俺「了解で〜す。」

 

 

名刺を渡され、ジュンジュンと呼ぶことに!ディディは体調が悪くてその代わりにジュンジュンが来たみたいです。友達だそうです笑ディディは昨日遅くまで飲んでたみたいです。。。

 

 

でもこのジュンジュンがすごくて日本語検定1級?を持っていて、バリ島で持ったいるのは5人ぐらいしかいないんだそうです。その中の1人がジュンジュンなんです。

 

 

13年日本に住んでいたらしく日本ペラペラで、意思の疎通で困ることはありません。相当な日本語マスターと思ったら日本語検定1級、通訳の仕事もしているそう。さすが

 

 

そんなすごいジュンジュンにウブドまでお願いすることにしました。

 

 

私たちの予定ではウブドに行きたいという大雑把なイメージしか抱いていなかった。なのでウブドのあそこに行きたいという明確な目的はなく、ただウブドに行きたいというだけでウブドに行くことになった。


約1時間から2時間ぐらいかかるとのことで交通量などによって変わってくるみたいです。

 

車の中では、ディディの話やジュンジュンの日本にいたときの話など、楽しいほっこりする話などしました。ジュンジュンは日本人しか相手にしないらしく、昔日本にいたときお世話になったおばあちゃんに日本人には優しくしてね♪という言葉が今でも胸にあり、それを守っていると言っていました。

 

 

ジュンジュンは日本にいただけあって、気も遣えるし、気遣いが半端じゃない。日本人並の接客能力、いや日本人以上かもしれない程。日本のお・も・て・な・し・をわかっている人です!!

 

 

そんなジュンジュンと他愛もない話をして、最初はお互い敬語だったのに、どんどん仲良くなっていき、緊張感もほぐれました笑

 

 

スミニャックからどんどん離れていくに連れて、建物がどんどん少なくなっていき、どんどん山の方に向かっていきます。さらに道路も舗道されている道路ではなく、砂利と土でできたデコボコ道になっていきます。

 

 

どんどんローカルな感じで山に入ると道も狭く、譲り合いしないと通れない道もたくさんありました。これ通れるのって思う道路でもバリ人の人はやはり慣れているみたいで余裕そうな感じでした。

 

 

日本人がバリの道路を走るのは怖くて難しいとリアルに思います^^;

 

 

そんなこんなまず寄って貰ったおすすめスポットがこちら!

th_IMG_0794

場所はどこだか忘れてしまったんですが、ウブドに行く途中にあります。まずはここでお土産を散策!

th_IMG_0812

お店の入り口はこんな感じです。

th_IMG_0801

俺はお店の右側の道路です。(来た道です)

th_IMG_0803

これはお店の左側の道路です。この先を行くと目的地のウブドに到着します。

場所がわからなかったんですがグーグル・マップで見つけることができました。グーグルさま感謝です笑


本当にウブドに入る手前にあるお土産屋さんです。

中はこのような感じになっていて、アタ製品を多く取り扱っているお店です。

th_IMG_0795

※画像の手前にあるのが木彫の椅子です。(手の形をしています。)

th_IMG_1725

キャンドルやボディーローション、アロマオイルなどが小分けになって販売されています。大人数用のお土産用だったりなどたくさんの種類があります。

th_IMG_1726

アタ製品は作りがしっかりしていてとても良い物でした。ですがアタ製品は結構良い値段がします。私は象の木彫の置物を購入。あとはコーヒー、灰皿(アタの入れ物も)を買いました。

 

 

嫁はアタでできたランチョンマットみたいなものと箸と箸置きのセットを購入、あとはアロマオイル、キャンドル、などを買いました。

 

値引きし安くしてもらいました^^♪ありがとう〜といいながらジュンジュンのいる車へ!!

 

 

ジュンジュン「買い物どうだった!?いいもの買えた〜?」

嫁&自分「うん!買えたよ♪値引きもしてくれたし〜!!」

ジュンジュン「値引きはできた!?」

自分「いや、値引きしてもらっただけだよ」

ジュンジュン「もったいないな〜、この店でもできたんだよ〜」

自分「いや、値札ついてたからさ〜・・・」

 

 

ここに付く前に値切りの話などもしていたのである。ジュンジュンが来ると知り合いだったり地元の人ってバレると店側もやりずらいみたいで、、、あんまお店に入るのは難しいと言っていました。

 

 

でも言えば値切ってくれるから、値切らないなら買わないで帰る素振りとかを見せると絶対値切るよ。と教えて貰っていたが、まさか値札の付いたこの店でできるとは思っていなかった自分に少しショックを受ける・・・

 

 

ジュンジュン「値札なんて関係ないよ〜」「下げてくれるのにこのお店は」

自分「まじか・・・ショック。。。。」

 

 

ウブドに付く前にちょっと損した気分でショックでした。まぁーいい経験だと思いました。勉強代として自分の心にしまっておきます。

 

 

ジュンジュンも一緒に来て値切ってくれればよかったのに。と思ってしまった自分であった笑ここからさらにウブドの中心地に向かうことにしました。