th_airport-731196_640

いよいよ出発前日!

待ちに待った出発前日の話である。うちには愛犬のワンちゃんがいるので、実家に預けるため隣町の実家へ!悲しそうな顔をする愛犬は私たちを離れることをわかっていたと思う。別れ際の悲しい顔を見ると少しウルッっと来た。

 

「じゃあ行ってくるね。たくさんお土産買ってくるからいい子にしてなよ」と言い、なでてあげ、実家を後に。

 

久々の2人だけの空間で何だか静かに感じた。それは最初だけでお互い明日のバリの話で話題は持ち切りに。

 

 

夫婦二人で海外に行くのも初めてで、さらにバリ島も初めて!お互い行きたいと思っていた国が「インドネシアのバリ島」だったので前日から楽しみ過ぎて、ワクワクが止まらない。

 

と心の声が漏れてしまった。

 

 

出発の前日ということで、さぁ〜スーツケースに荷物をツメツメ、日本人の気持ちも海外で忘れないようにツメツメ、ついでに足の爪のスキマのゴミもツメツメ。ツメだけにね。なんちゃって!!

 

 

準備をしている段階から、ニヤニヤ笑いが止まらない。明日待ちに待ったバリ島に行ける!その思いだけが僕の体を動かす原動力になっていた。

 

 

もくもくと準備を進める。バリ島は北海道の夏かそれ以上の暑さということで、Tシャツ数枚とタンクトップ、サンダルに海パン、短パンに長袖のシャツを日差し対策、コンセントプラグをスーツケースに。

 

 

コンセントプラグはダイソーなどの100円ショップで購入できるのでおすすめします^^

 

 

財布を念入りに2つ用意し、1つはホテルの金庫に入れる予定。もう1つはメインで使う物盗まれても良いように安い物を購入した。まーこんな感じで終わってしまった。

 

 

手荷物用のショルダーバックには、パスポートと航空券、ペンなどの筆記用具、iPod、財布などを入れ、当日着る服も準備した。

 

持ち物

  • パンツ、靴下
  • サンダル
  • 財布
  • パスポート
  • 航空券
  • ショルダーバック
  • 整髪剤
  • ビオフェルミン
  • サロンパス
  • C型コンセントプラグ

 

ビオフェルミンはネットでバリ島の情報を収集している時に見つけました。なんでビオフェルミン!?と思いますが、バリ腹にならないために、出発する1週間前ぐらいから服用することで、胃腸が強くなるのでバリ腹になる可能性が減るみたいです。

 

 

現地でバリ腹予防のためにも飲むのがおすすめみたいだったので、大事な大事なバリ新婚旅行でバリ腹になってお腹壊して、どこも行けないと悲しい旅行にならないためにも必須です。

 

 

準備していると当日にならなければ準備できない物もあることに気づく。歯ブラシや洗顔、充電器、女性なら化粧品など。それはチェックリストを作り忘れ物のないようにした。

 

 

まだ荷造りのできていないスーツケース2つをリビングに置き、明日に備えて早めに布団に入った。

 

 

よっ!待ちに待った出発当日。

 

 

成田行きの飛行機の出発時間が7時50分とかなり朝早い時間ということもあり、お互い5時ぐらいには起きていた。予定ではそのつもりだった・・・

 

 

でも起きたのは6時だった・・・

 

 

「やべっ!」時計を見てふと言葉が自然に漏れていた。

 

 

おきろー遅れるぞ!そこからキューピッチで当日の準備を始める。

 

 

お互いありえない速さで準備を完了させる。忘れ物がないかチェックリストを確認!最終的に荷物はスーツケース2つ、自分の方に約半分ぐらい、嫁の方はほんのすこしの荷物。この空きが帰る時にどのぐらい埋まっているのか楽しみだ!!

 

 

「忘れ物なし!よしOK!いざバリへ行くぞ〜^^」

 

新千歳空港からまずは成田へ

th_airport-583407_640

出発しにコンビニで朝ご飯を購入して、新千歳空港に向かう!

 

 

荷物を預けるため、列に並ぶ。たくさんの外国人の中に混じる私たち笑なかなか列が前に進まず、出発の時間が迫る。時計を見ると7時45分。

 

 

「あれ?これ間に合うの?」「もうすぐ出発の時間だよ!?」やっと荷物を預け、飲み物や食べ物など何も買えずににダッシュで飛行機の中に。

 

 

飛行機の中も外国人ばかりで、自分達が座る座席にはなぜか、知らない中国人が座ってる。何やら喋っているが言葉がわからず、もともと中国人が座るはずだった座席に向かい指をさし、「ここに座れ」と言っているのがジェシュチャーでわかり、時間がないので座ることに。

 

 

本当だったらCAに言って、元の席にもどしてやろうと思ったが、いささか時間がなかったのでおとなしく、中国人の指す席に座ることに。

 

 

座ってすぐに飛行機は出発し、いざ成田へ!あっとゆーまに成田に着き、飛行機から降り、右も左もわからない状態から、ガルーダインドネシアのカウンターを探し歩きだす。

 

 

成田の国際線ターミナルはたくさんの外国人ばかりで気持ちが高揚した。日本にいながら異国にいる感覚さえ覚えた。

 

 

そんな外人だらけのところをキャリーを引っ張りながら、歩いて5から10分ぐらいでガルーダインドネシアのカウンターを発見した!

 

 

早速カウンターに着くなり、カウンターの女性の従業員がチケットと荷物の券を出してくださいと。機嫌が悪い感じとせかされる感じで言われた。

 

 

「なんだこの女性!!急にキレキャラかよ。バリ着くまで散々だな」と思いながらも、バリに着けば幸せな時間が待っているということでこらえる自分。

 

 

あとすこし、バリ島へ!!

th_jet-437741_640

ボディーチェックイン!でもひっかかり再度ボディーチェックをうける。水とお茶は没収されてしまった。カウンターの女性に急かされたがそこまで急ぐこともなく一服して飲み物を買い、いざ飛行機に!乗ったのは777-300ER

 

 

乗るとガルーダのCAさん男と女の方が挨拶してくれます。インドネシア語で何かを話していたがわからず。いざ、席へ!座席指定もしていたので隣同士の席に。

 

 

初めての海外旅行で座席の前にはモニターが!初めてのモニターにリモコンもついている。リモコンで操作もできるし、タッチパネルなのでタッチすることで操作も可能。見れる映画も種類が豊富で暇を結構潰すことができる。

 

 

見たい映画があっても日本語吹き替えがない、日本語字幕がないなど見れない映画もあるがそれでもたくさん見れるので大丈夫です。

 

 

映画を見たり音楽を聞いたり、ビールを飲んだり、ご飯を食べたり、寝たり、時間を潰す。

 

 

さらに出入国カードと税関申告書の記入がある。わからないところは雰囲気で書いた。

これが記入例です。

s_写真 (5) s_写真 (4)

 

 

さらに時間を潰すこと7時間!「あれ?何か島みたいの見えてきたよ!!!」

 

 

どんどん島みたいなところに近づいてくる。まさかこれが待ちに待ったバリ島か!?

 

 

 

ゴォォォォ〜〜〜〜〜!!着陸〜〜〜〜〜!

 

 

 

インドネシアのバリ島に到着である。

 

 

 

到着まで早速トラブルばかりだったが無事についた^^!窓からの日差しがかなり強い。南国だな〜。生えてる木から南国感が伝わる。

 

 

これまでの準備期間からやっとバリに到着しました。到着まで準備など長くなってしまいすいません。